マルチ

ブルーベリーの評判

マルチを行うと、乾燥を防げるほか、地温の上昇予防や土壌の酸性維持などの効果があります。

ブルーベリーTOP > マルチ

マルチの効果

マルチとは、ウッドチップや落ち葉、腐葉土などを苗木のまわりに敷き詰め、乾燥などを防止する栽培法です。

浅根性で酸性土を好むブルーベリーにとっては、乾燥防止のほかに、地温上昇防止酸性の維持などの効果が期待できます。

また、材料によってはブルーベリーの天敵であるコガネムシの幼虫を予防する効果もあるので、ブルーベリー栽培にはマルチを行った方がよいでしょう。

マルチの材料

もみ殻 風に飛ばされやすいというデメリットがありますが、コストパフォーマンスがよく、ポット苗などに適しています。
わら もみ殻同様、コストが低く使いやすいですが、分解すると土壌をアルカリにしてしまうのでブルーベリー栽培には適していません。どうしても使用する場合は、分解の早い段階で取り替える必要があります。
製材くず コストを低くおさえることができますが、風に飛ばされやすいのが難点です。
ウッドチップ 針葉樹のウッドチップはコガネムシの幼虫を退ける効果があります。ただし、広葉樹のチップは逆にコガネムシを引き寄せる作用があるのでブルーベリー栽培には適していません。
インテリア・バーク その名の通り見栄えがよく、マルチ材料としての効果も上場ですが、その反面、コストが高いという欠点もあります。
セダム類 マンネングサ属の植物です。コストパフォーマンスがよく、きれいに生えれば見た目もキレイです。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ブルーベリーサプリメント All Rights Reserved.